それでも、奇蹟を信じてる!(余命宣告)

2017/07/26
7月25日、朝7時を回った頃

入院中の家族から電話が入りました・・・・・・・・・


今、何してる??

とりあえず、椅子に座ってくれる・・と、家族は言いました・・・・・・


昨日の夕方、余命宣告(1~3ヶ月)を受けたから

言っておこうと思って


頭の中が真っ白になりました・・・・・・・・・・・


まだまだ、一緒の時間を楽しんで

これからも・・

愛犬トリオたちと、一緒に旅行に行けると信じていた私・・・・・・・・・


彼が定年を迎えたら

一緒に住んで、

彼を専属運転手のように扱い

あっちへ行きたい!

こっちへ行きたい!と

車を走らせてもらうつもりでいた私・・・・・・・・・・・・・・



そして、

先に逝くのは、年上の私だと信じていたのに


神様は残酷です


彼は、どんな気持ちで

一人、ドクターからの余命宣告を聞いていたのでしょう


そう思うと、涙がとまりません


私が旧ブログを閉じ

心機一転で、新しいブログを立ち上げ

毎日更新を続けていたのは

入院中の家族に、トリオたちの元気な様子や

今咲いている季節の花を写真で届け

季節感を感じてほしかったからでもありました



そして、今も、彼は

病院のベッドの上で

私のブログを見てくれているのだと思います



気持ちを切り替えて

日々の様子を届けたい!とは思うものの

写真を見ても

いつものように、言葉が浮かんできません



それでも・・綴らせてください・・・・・・


デッキの上には、ロンチーコンビ♪


DSC_8447_01.jpg





そして

私が

ジニアを撮り


DSC_8442_01.jpg


振り返ってみると




DSC_8448_01.jpg


気になるものを追いかけていたコウが

ルージュとニアミスを犯しておりました!^^




そして

そこへブラウン(シーズー)も登場すると


ルージュは、そっと室内へ入って行き


室内から


DSC_8460_01.jpg





デッキの上のブラウンと、コウを


DSC_8454_01.jpg


優しい眼差しでみつめておりました・・・・・・・・・・・



今、家族はドナーが見つかっても

移植できるような状態ではないのだそうです・・・・・・・・


それでも、奇蹟を信じたい!

そう思う

私です・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本当なら、電話をもらった7/25に病院へ行くべきであったのかも知れません

でも、普段通りの面会を望んでいる家族に涙はみせられません

今日(7/26)、これから・・会いに行ってきます・・・・・・・・・・・・・・・




今日も、ご訪問・・心から、ありがとうございました・・・・・・・・・



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
comment (-) @ 大切な貴方へ・・・・・・・
「ありがとう」の言葉を贈りたい!^^ | 安心する寝場所♪・・と・・幸せ時間と・・♪