癌が憎い・・・マントル型リンパ腫・・・

2017/07/30
私の父の命を奪ったのは

肝臓癌でした



母の命を奪ったのは

大腸癌でした



そして、今、また

たった一人残された

私の大切な家族の命を

奪おうとしているのも癌です



癌が憎い!

そう思わずには、いられません・・・・・・・・・


DSC_0045_01_20160723131651008.jpg


私にとって

癌の病名は

どうでもよく

完治に向けての治療に前向きに取り組んでいる彼を

支え続ける・・

そのことだけを考えていました


そして・・

その若さからも、

絶対に癌に勝ってくれると信じていたので

検索する気も全然、おきませんでした



DSC_0046_01_201607231318132dd.jpg




彼が慢性白血病だとわかったのは

10年くらい前のことだったと思います



いつ、急性白血病になってもおかしくないけれど

それは、近い将来ではないでしょう

と、言われていました




そして、今年の1月30日に

腰の痛みに負け

脾臓摘出手術を受けたのですが、

その手術のあとに、ドクターから

説明を受けた際、

病名の書かれた紙を一枚

手渡されていました



DSC_0059_01_201607231319133f2.jpg




今・・・・・・・

畳んで鞄の底にしまっておいた

その紙を開いてみると

その紙には、「マントル細胞リンパ腫」と、書かれていました


マントル細胞リンパ腫

調べてみたら


わが国での発症頻度は比較的低く、悪性リンパ腫の3%程度です。
発症年齢の中央値は60歳代半ばで、
男女比は男性に多くなっています


と、ありました・・・・・・・・・・・



彼は、まだまだそんな年齢ではありません

せめてあと5年は生きられると思っていたと

本人も言っていましたが

私は、5年どころか

あと最低でも、10年は一緒の時間を楽しめると信じていました



そして、何度も言うようですが

先に逝くのは

年上の私であると信じ込んでいました・・・・・・・・



明るい未来を信じて

何度も、何度も受けた

ハイリスクの抗癌剤治療!

でも、その抗癌剤は

彼のリンパ腫には、効果がなかった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


余命宣告を受け

そのハイリスクの抗癌剤のダメージが一気に彼に

襲いかかってきてしまった!


そんな感を否めなかった

7月29日のお見舞いでした・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
comment (-) @ 独り言
優しい心をいっぱいもらったから・・ | 鏡を見て自分の顔にギョッとしました・・と・・・