延命措置の同意書・・

2017/08/04
8月3日、木曜日

救急車により

緊急搬送させてしまい

退院したばかりの病院へ戻らせることになってしまい

私の心は、かなり痛んだけれど

外来の緊急処置室に彼の担当医も来てくださり

涙目になって

これまで、こんなに頑張ってこられたんだから


もう、これ以上頑張らなくてもいいですよね・・・・・・・

延命措置は、しなくてもいいですよね・・・・・・・



同意書にサインしてくださいと、言われたら

みなさまだったらどうなさるでしょう??^^;


彼は、それほど

命の灯が消えそうなほど

危うい状態だったのだと思います・・・・・・・・・・・・・・・



DSC_4869_01_20140329084859cbc_20160817211540e1a.jpg


そして

私は覚悟を決めて

サインしてしまいました・・・・・・・・・・


でも、今日、8月4日に家族のほうから

延命措置は拒否してほしいと言われ

ごめん・・

もう、すでにサインしちゃったと、言っていた私でした・・・・・・・



お陰様で

昨日よりも

今日のほうが

数値は安定しているのですが

彼は

だんだんと

子供返りをして

できなくなっていくことのほうが増えていっているかもしれません


余命宣告を受け

身辺整理のために

マンションにもどったはずが

たった、半日程度の退院になってしまい

担当医も含め、スタッフが懸命に彼の寿命を延ばしてくれています


そして今回の異様なまでの血圧低下の原因も

突き止めてくださいました


もしかしたら

あと、一週間ほどで

トリオたちが待つ家に

一緒に帰ってくることができるかもしれません・・・・・


仕事とはいえ

サポートセンターの方の対応は敏速で

合鍵を預けた友達の指揮のもと

すでに、私が不在の間に

介護ベッドも、車いすも、用意されている・・


この友達の存在にも

サポートセンターの方々の迅速な対応にも

感謝の気持ちでいっぱいです・・・・・・・


彼の身辺整理は私がします!


どの通帳が生きている通帳で

どの印鑑が、どの通帳のものなのか


そして、マンションのローンの返済があとどのくらい残っているのか

不明な点も多々あるのですが


鎌倉市の病院での退院が許されたら

そのまま

彼には、寝たままの状態で

トリオたちが待つ家

彼の生まれ育った家に帰ってきてほしい

そして

彼の最期の望みである

私がいつでも会いにいける距離の

緩和ケアの病棟に入院できるよう

最善を尽くしたいと思っています・・・・・・・・・・



少しでも心穏やかな日を

過ごしてほしい


これが

遺される家族の

共通な思いなのだと思います・・・・・・・・・



支離滅裂な文章でゴメンナサイ・・・(__)・・・・・・・・


そして・・

今日も、ご訪問・・心から、ありがとうございました・・・・・・・・・・・・・。




にほんブログ村





スポンサーサイト
comment (-) @ 独り言
急な坂道を転がり落ちるように・・・・・・・ | 想像以上に過酷な現実・・・・・