切ないとか、苦しいとか、泣きたいとかよりも、心が破けそう・・・・・

2017/08/08
彼のマンションに泊まり込み、

彼のマンションから、病院へ通うようになってから

一体、何日経ったのでしょう??^^

前にもまして、日付の感覚が鈍ってきている私です・・・・・・・


それでも、今日の彼は

薬(麻薬)が、彼の体質に合ったものに変わってきたのか

寝ている時間は増えてはいるけれど

一昨日よりも、昨日よりも、

会話をすることができているような気がします・・・・・・・・・・


それでも、やはり

リスクを冒してまで、彼を生まれ育った家に連れて帰る気にはなれず

家に用意してあった

介護用ベッドや、車いすは

撤去してもらう手筈を付けました


それなのに

彼は、まだ、生まれ育った家に戻れると信じ

今日も、白い影を見つけて


DSC_5809_01_201309052040205f0.jpg

ブラウン(シーズー)に、見えちゃった!と

笑っていました・・・・・・・・・・・・・・・・


切ないです

苦しいです

心が破れそうです



それでも、私には

やらなきゃいけないことがてんこ盛りです・・・・・・・・・・


彼が、気にしていることを

一つ、一つ、クリアしていかなければなりません


彼が気にしていた

車の売却の値段も

オートバイの売却の値段も

たとえ、二束三文であっても

彼に伝えることができました


そして、今日は、彼が一番気にしていた

ローンの残が残っている

彼のマンションの内覧をしてもらい

このくらいの値段で売れるでしょう・・という査定もしてもらいました


この値段なら、ローンの残債を賄える金額です

その提示された金額は、明日、彼に伝えたいと思います


そして

彼にもしものことがあったとき

一度は、家に寝かせてあげたい・・・・・・

でも、一緒に住んでいた訳ではないので

棺に納めてあげたい品が家にはないことに気づき

彼には内緒で、そっと家に持ち運びました


その際、久々で愛犬トリオたちに会ったのですが

彼らも、いつもとは違う空気を感じているのかもしれません

僕たちは大丈夫だから、早く、戻ってあげて!

そう言ってくれているように見えてしまったトリオたちでした・・・・・・・・・・


そして、家にいた時間は一時間足らずだったのですが

病院へ向かっている最中に、彼から電話が数度、入りました


電車に乗っている最中だったので

一端、下車して電話で話しをするよりも

病院へ早く着いたほうがいいよね!

そんな選択を私はしていたのですが

正解でした!


心細かったのでしょう・・・・・・・


なんで、今日は、来てくれないのかと思って

電話しちゃったよ!と、彼は、言っていました・・・・・・・・・・・・・・・

視界も狭くなってしまっている彼は

自分の携帯電話を探すのに、30分もかかっちゃったと

苦笑していました・・・・・・・・・・・・・・


そして、今さっき

お寺に電話を入れて

彼の今置かれている現状を伝え

いつなんどき

お葬式をお願いすることになるかもしれない旨を伝えました


本当に、本当に

切なさ過ぎて

苦しいです

心が、張り裂けそうな私です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




にほんブログ村




スポンサーサイト
comment (-) @ 独り言
神様は最期の最期まで意地悪?? | 急な坂道を転がり落ちるように・・・・・・・