FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

色んな思いがグルグル回る

2017/08/15
身辺整理は、自分でしたいから

余命宣告は、動けるうちに早めに出してね・・と、

ドクターに伝えてあった彼・・・・・・


なれど、余命宣告を受け退院をしたのに

たった半日程度しか自分のマンションに戻ることができなかった彼・・・・・・・・


その彼のマンションに一人戻ってくると

色んな思いが、グルグルと頭の中を駆け巡ります


DSC_7777_01_20150720150242e24.jpg


会社の寮に住んでいた彼が

このマンションの契約を決め

35年ローンを組み

引っ越しをしたのは、

今から15年前のことでした


引っ越しの当日、まだ健在であった母と

引っ越しの応援にやってきた日

終の棲家を得た彼の顔が

希望に満ちて、輝いていたこと

鮮明に憶えています


その母も、大腸癌で他界して

その母の13回忌を彼と一緒に供養したのは

去年のことでした


母も、短い人生であったけれど

それ以上に短い人生を終えようとしている彼


本当に、胸が押しつぶされるような思い・・

泣き叫びたいような思いです・・・・・



教えてください

印鑑証明の有効期限は3か月であることを教えてもらいました


そして、印鑑証明の新規の登録に

本人が行けない場合は

委任状や、保証人が必要であることを教わりました


彼の思いがいっぱい詰まったこのマンション

決して、売り急ぐ気は、毛頭ないのですが

もしも、彼の転院先の病院が東京多摩地区に決まった場合

そうそう頻繁に私は、このマンションに来ることができなくなると思います


私が、このマンションで寝起きをしている間に

例え仮であっても

売買契約を結んでおいたほうがいいのでしょうか??


それとも

転院が決まったら

もう一度、印鑑証明をとっておけばいいのでしょうか??


彼が死亡してからであると

このマンションの名義を

私に変更してからでないと

売買できないというのは、本当なのでしょうか??


今の私は

自分が後悔しないよう

時間が許す限り彼のそばにいたいと願っているのに


法は、それすらも許してくれないのでしょうか??


苦しいです


悲しいです


ぬぐっても、ぬぐっても

涙があふれてきます・・・・・・・・・・・




にほんブログ村





スポンサーサイト
comment (-) @ 独り言
払いたくなかった「請求書」 | 思考回路停止・・でも、考えなければいけない、これからのこと・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。